Tap to close
   

ロキソニンは腰痛に効かない!処方し続けるとあなたの腰痛は悪化する?

ロキソニンは腰痛に効かない!処方し続けるとあなたの腰痛は悪化する?

tel:097-576-9114道案内

ロキソニンは腰痛に効かない!処方し続けるとあなたの腰痛は悪化する?


あなたも一度は、耳にしたことがあるロキソニン薬
ロキソニンは体内で炎症などを引きおこすプロスタグランジンの生成を抑え、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げる薬です。

しかし、ロキソニンは“即効性が高い薬”ですが、腰痛にはあまりオススメできないのです。
今日はなぜ、腰痛もちの方がロキソニンを使用しない方がいいのか?をお伝えします。

ロキソニンの効果

ロキソニンは、辛い痛みに即効性がある特徴を持つ解熱鎮痛成分(ロキソプロフェンナトリウム水和物)を含有している錠剤です。

また、ロキソプロフェンという成分は安全性が高く、効き目も良いので病院やドラッグストアなどでも販売されているので人気が高い錠剤だといえます。

しかし、ロキソニンの注意点としては「痛みを和らげる作用はあるが、根本改善には繋がりにくい」鎮痛剤ですので、あまりおすすめできません。

そして、この薬は強いので、胃に負担がかかる恐れがあります。病院で処方される際には、胃薬と一緒に処方されることが一般的です。

腰痛にロキソニンが向いていない理由

ロキソニンは、炎症を和らげるのに効果の高い鎮痛剤ですが、腰痛に適していない理由としは痛みが慢性化していて効かなくなる場合があります。

また、腰痛は2種類の痛みがあります。

炎症による腰痛

炎症の痛みには 一時的にロキソニンは効きますが、腰痛が出るたびに薬を飲み続けると・・・
薬の抗体ができてしまい、効かなくなってしまうのです。
最初は、ものすごく効いていたのに薬が効かなくなったので量を増やしてみた・・・
しかし、効いたのは最初だけで、また飲み続けるとロキソニンは効かなくなってしまいます。

神経による腰痛

神経からくる腰痛の場合は「ヘルニア・座骨神経痛・狭窄症」等の疑いがあるので、効果が薄れてしまいます。

ロキソニンを飲めば痛みが消えて、日常生活に支障がでないなんてことはありませんので、あまり期待されないでください。

腰痛のまとめ


腰痛の原因は、腰椎に問題がある、生活習慣の乱れ、精神的ストレス等が過半数をしめます。腰椎に問題がある場合は、整体院やカイロプラクティック院に受診されて方が良いです。

もし、腰椎に異常がなければ日常生活の“姿勢”を見直すことで、腰痛を予防することも可能です。

また、ロキソニンなどの病院や市販の薬局で販売されている鎮静剤は「根本改善ではなく、一時的な効果」なので、薬を飲み続ければ腰痛が解消されるとは思わないようにされてください。

そして、痛みのメカニズムは腰が痛いですよ!という信号を脳が発信して腰に痛みを出しています。

従って、無理に薬で痛みを誤魔化すと体の不調に気づくことができなくなります。
ですから、薬を処方するのではなく整体、カイロプラクティック院を早めに受信することをおすすめいたします。

最後までご覧いただきありがとうございます 😛
まんかい整体院大分の投稿でした。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

メール予約

LINE@