Tap to close
   

腰痛は飲酒をやめたら解消される!具体的な3つの理由

腰痛は飲酒をやめたら解消される!具体的な3つの理由

tel:097-576-9114道案内

腰痛は飲酒をやめたら解消される!具体的な3つの理由

腰痛や原因不明の慢性腰痛の正体は飲酒からきている場合があります。

実は、腰痛と飲酒には深い関係があるんです!

腰痛のタイプによっては、飲酒後に痛みが強くなる人、日ごろ腰痛がないのに、毎晩飲酒を続けていたら腰痛が出てしまうケースもあります。

慢性腰痛がありながら、毎晩飲酒を続けているとさらに悪化させてしまいます。今日はそんな腰痛が悪化する原因をお伝えいたします。

腰痛は、飲酒を控えると解消される?

腰痛がある人はできるだけ痛みを起こさないように普段から運動を行うなど腰痛解消法や予防策を考えている人が多いです。

しかし、ほとんどの方が飲酒による腰痛があることを知りません。

お酒は仕事などのストレス発散、お仕事の付き合い等で飲まれる方が多いはずです。でも、不思議とお酒を飲んでいる時は『腰痛を感じない』方も多いのではないでしょうか?

腰痛が飲酒で悪化する3つの理由

腰痛を悪化させるので飲酒を控えましょう!という話をしても、酒好きの人は納得しないかもしれません!

そこで、飲酒が腰痛を悪化させてしまう理由を詳しくお話ししますね。

腰の炎症が増す

筋肉疲労など熱を帯びているような腰痛の場合、炎症が原因の場合が多いようです!

炎症による腰痛は飲酒によって悪化しやすくなります。

炎症というのは、何らかの刺激が起こった場所の血管が拡張することで、シビレたり熱を帯びているイメージです。炎症が起こっている時に飲酒を行うと、一時的に血流が良くなり、更に血液が集まってしまい腫れが悪化します。

これじゃ楽しい時間もだいなしですね。

また、アルコールは代謝の過程で、体内に毒素が増えるそうです。アルコールの解毒を行うのが肝臓で、飲酒によって肝臓疾患が起こりやすいのはそのためです。

飲酒で体内の毒素が増えると、その毒素を排除するために血液中の白血球が増えます。すると、免疫機能を持つ白血球は、毒素やウイルスなどを攻撃し、治癒させようとする働きがあります。

腰痛に限らず、炎症を起こしている部分にも働きかけるため、内部からの刺激が増えることで痛みや腫れをひどくしてしまうのです。

腰痛の慢性化は、炎症の慢性化でもあります。飲酒の刺激があるたびに、悪化する刺激を送っていることを自覚しましょう。

内臓疾患から腰痛を起こしやすい

内臓の不調が腰痛として出ることがあります。

ですから、内臓に負担がかかってしまう飲酒は、腰痛を悪化させてしまうことになります。腰痛を起こす内臓疾患はいくつもあり、背中側にある腎臓の不調でも腰痛が起こりやすくなります。

大きな内臓疾患でなくても、胃炎などでも腰痛は起こります。

内臓は筋肉で作られている物であり、その筋肉は腰にもつながっているので腰痛へと繋がるのです。普段の食生活などで、肝臓や腎臓、胃に負担が大きい場合、腰痛も出やすいようです。

毎日、添加物が入っている食事を摂取することでさらに内臓に追い打ちをかけるのです。また、すでに内臓が弱っているところに、飲酒を行えば、身体の負担はますます大きくなります。

そうして、知らないうちに腰痛を起こすような内臓疾患になっていることもあるのです。最初は筋肉疲労による腰痛だったとしても、気が付けば内臓疾患から起こっていたということもあり得ます。

身体の冷えによる腰痛の悪化

腰痛を悪化させやすい原因の一つが身体を冷やすことです。冷えは血流を低下させ、血管が収縮してしまうことで患部の治りが遅くなります。

飲酒をすると、飲んだすぐは身体が熱くなり、一時的に体温が上がります。そして、急激に上がった体温を落ち着かせるために、今度は放熱が始まるのです。

こうした機能のために体温が低下し、体温を維持する働きも低下してしまうのです。飲酒後に冷えを感じる人は、腰痛を悪化しやすいタイプとなりますので、注意しておきましょう!

腰痛のまとめ

3つのポイントが、あなたの腰痛を解消させるために必要不可欠です!飲酒もするなとはいいませんが、ほどほどにするように心がけてください。

しかし、生活習慣はなかなか変えることが難しいです。人は大きい変化には対応しにくいですが、小さい変化にはわりかし対応できます。

最後までご覧いただきありがとうございます。まんかい整体院大分の投稿でした。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ