Tap to close
   

腰痛に効果的な温泉の入浴方法とは?

腰痛に効果的な温泉の入浴方法とは?

tel:097-576-9114道案内

腰痛に効果的な温泉の入浴方法とは?

あなたは温泉には行かれますか?

温泉に行くと成分に対してかかれていることがあります。

この成分を知ってから温泉に浸かることで、腰痛に効果的な入浴方法がわかります。

そして、温泉には水圧(マッサージ効果)・浮力(浮力によって、筋肉や関節が動かしやすくなり体の動きを助ける)・温熱(血行促進・新陳代謝促進)」効果に期待がもてます。

今日は、温泉についての内容です。

温泉はどんな症状に効果的?

下記の項目が温泉には効果的と言われています。

  • 神経痛
  • 筋肉痛
  • 関節痛
  • 五十肩
  • 冷え性
  • 関節痛
  • 健康増進
  • 病後回復期
  • 慢性消化器病

温泉には一般的に「効能」と呼ばれている「適応症」があるそうです。また、温泉には入浴してはいけない症状を示した「禁忌症」というものがあります。

温泉に入浴する前に必ずご自身で調べましょう。

温泉に浸からない方が良い人とは?

下記に当てはまる方は温泉に入浴しない方が良いです↓

  • 腎不全
  • 悪性腫瘍
  • 呼吸不全
  • 急性伝染病
  • 終結性疾患
  • 高度の貧血
  • 活動性の結核
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 風邪など、急性疾患
  • がん、白血病、肉腫
  • 妊娠中(特に初期と末期)
  • 関節リウマチの病状進行期

基本的に温泉は急性疾患や進行性の疾患にはよくありません。

上記の症状の方がもし、温泉に浸かる場合はお医者さんに相談されてくださいね。

正しい温泉の入り方で腰痛を解消しよう

正しい温泉の入り方「温泉地は、心と体を治す」という言葉があるのですが、間違った入浴をしてしまうと場合によっては、「脳梗塞」や「心筋梗塞」などになることもあるので注意が必要です。

特に、早朝の入浴は『心筋梗塞や脳梗塞』に注意が必要です。安全かつ効果的な入浴にするための方法をお伝えします!

入浴の注意点

30分以上の休憩をとるようにしましょう!

空腹時は貧血状態になりやすく、逆に食後は消化不良を起こしやすいです。そして、入浴前後は必ずコップ1杯の水を飲みましょう!

理由は水分補給と心筋梗塞の予防の為です。

早朝の入浴はしないこと

病院のデータで心筋梗塞や脳梗塞の発症は、1日のうち早朝が最も多いことが報告されています。できるだけ入らないようにしましょう!

入浴する前に「かけ湯」をしよう!理由としては血圧の急上昇を防ぐためです!いきなり温泉に浸かると、血圧が急上昇して大変危険です。

体を湯船の温度や温泉成分に慣らすために、「心臓から遠い順に」浸かることが大切です

順番としては足首→膝→腰→手首→腕→肩→胸の順で、「かけ湯」を、念入りに行いましょう

腰痛に効果的なお風呂の豆知識

体を洗うのは、温泉で温まってからが効果的です。

なぜかというと、古い角質をやわらかくし、毛穴も開いて汚れが浮き上がりやすくなる為です。

化粧をしている人は、毛穴を開かせるためにも、かけ湯の段階でお化粧をおとしておくと、美肌にも効果的らしいですよ(^-^)

入浴時間はほどほどにしましょう!目安は1日3回くらいが理想です。

度を越した入浴は良いものではありません!
*長湯は湯冷めの原因にもつながるのです。

基本的には、「15分~20分」
*年齢・体調により短くしましょう!

 

「汗ばんできたら出る」→「休む」→「入る」を、2~3回繰り返すのがベストです。

 

入浴後にシャワーは浴びない

理由は温泉成分を残す為です。せっかくの温泉薬効成分を流してしまっては本末転倒です。

この時のポイントとしては体を拭くのも、水滴をタオルでおさえる程度にするのがベストです。
*これも温泉薬効成分を流さない為です。

水分補給をこまめにすること

発汗により、体内の水分が少なくなるので、スポーツドリンク等で水分を補給しましょう 😉

泉質について

特に腰痛改善に期待できる泉質をご紹介いたします。

  • 含鉄泉
  • 重曹泉
  • 塩化物泉
  • 単純温泉
  • 硫酸塩泉
  • 重炭酸土類泉
  • 単純二酸化炭素泉

酸性泉などで、入浴により症状の改善が期待できるようです。

特に単純温泉や塩化物泉は、全国的にも数多くあるようですので、オススメです!
*温泉には「禁忌症」が、ありますので、他の病気を抱えている方や妊娠中の方は注意されてください。

腰痛のまとめ

腰痛には温泉が効果的です。しかし、温泉の浸かり方等を間違えてしまうと逆効果なんてことに・・・今回の内容を参考にされてくださいね 😎

最後までご覧いただきありがとうございます以上、まんかい整体院大分の投稿でした。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

メール予約

LINE@