Tap to close
   

肩こりが低気圧になると悪化する本当の理由を知っていますか?

肩こりが低気圧になると悪化する本当の理由を知っていますか?

tel:097-576-9114道案内

肩こりが低気圧になると悪化する本当の理由を知っていますか?

なぜ?気圧が下がると不調を訴える方が多くなるのか?特に不調の中でも多いのが“肩こり”です。最近では、気圧が原因の痛みに対して『気象痛・天気痛』と言われる名前が付けられています。

今日のテーマは、人はなぜ気圧が下がると体調不良を起こすか?をご紹介いたします。

気圧が下がると肩こりが悪化する理由

お客様から『雨が降る前から体調が悪くなるので天気予報を見なくていいの(笑)』と言われることがあります。

じゃ、なぜ?気圧が原因で肩こりが起きるのか説明いたします。

私たちの体は毎日、圧力がかかっています。

どのくらいの圧がかかっているかというと『1気圧につき、1の力』が体を押しています。

毎日、体に圧がかかっていることに気づくことはないのですが、低気圧になるとこの体にかかる圧力が弱くなります。

そして、圧力が弱くなることによって体が少し膨張することで『リンパ球、血流の圧力』が低下してしまい血行が悪くなるという流れになります。

低気圧になると体へかかる圧力が下がり、体が膨張してリンパ球や血管への圧力が低下して血行が悪くなり、肩こり等の不調が起きやすくなります。

これが低気圧によって体調不良になる一連の流れです。

気圧が下がるとヒスタミンが増える

ヒスタミンとは、外部からの刺激に反応して増え、アレルギーや関節の炎症を起こす働きがあります

また、血管を拡張させる作用や血管から水分などが周囲の組織にしみ出させる作用により、血圧を急低下させたりします。

その影響により肩こり等の不調が出やすくなるのです。

気圧が下がった時の対策とは?

低気圧の対策として有効的なのは『運動』です。

気圧が下がっている時に筋肉を適度に動かして、疲労物質の原因であるヒスタミンを筋肉から押し出しましょう。

ポイントは血行をよくすることです。

血行をよくするには血液循環を促す有酸素運動が一番効果的です。
*有酸素運動は体温が上昇して発汗に期待が持てます。

私が一番オススメする運動は『スクワット』です!

スクワットはゆっくりするのではなく限界まで回数をこなすことが重要です。

追い込むことで膨張していた体に血流が行きわたり症状が解消されていきます。(無理は厳禁です。)

肩こりのまとめ

低気圧の時に起こる体の不調(サイン)は気圧に対応できない事が原因でした。

しかし、低気圧の時でも血流を良くするための運動を行うことで、不調を減らせる場合もあるのです。病院、整骨院、整体院等に行く時間がない方はまずは『自分で軽い運動』を行ってみてください。

状態がそこまでひどくなければ軽い運動だけでも防げることができます。

皆さん、お試しあれ(^^)

最後までご覧いただきありがとうございます。まんかい整体院大分の投稿でした。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ