Tap to close
   

肩こりを自宅で治す方法を伝授!実践した人のみ解消されます

肩こりを自宅で治す方法を伝授!実践した人のみ解消されます

tel:097-576-9114道案内

肩こりを自宅で治す方法を伝授!実践した人のみ解消されます

日本人の6割以上の方が、悩まされる肩こりですが、肩を揉むだけでは治りません!

その理由をお伝えいたします。

肩こりの原因は日常生活ある

日常生活の『何気ない習慣』が肩こりを悪化させている可能性が高いです。

ここから先は、あなたも当てはまる項目があるはずです。

あなたは何個当てはまりますか?

長時間同じ姿勢になることが多い

長時間同じ姿勢でパソコンに向かっていることで、首や肩周辺の筋肉に緊張が続き、肩こりの症状があらわれます。

逆に言えば長時間、同じ姿勢を続けなければ肩周りへの負担が減るので肩こりが気にならなくなります。

目を使いすぎている

現代人は特にPC・スマホなど、長時間見続けることにより毎日、疲労が蓄積されていきます。

また、メガネの度が合っていない等の慢性的な目の筋肉の緊張や疲労が、肩こりの症状を引き起こすことがあります。

筋力低下・運動不足

人間は35歳を過ぎるとまるでジェットスターの急降下のように筋力、治癒力、体の不調がでてきます。

また、日頃から体を動かしていないと筋肉の緊張や疲労が起こりやすく、肩や首筋が凝ります。運動不足は血行不良の引き金となり、肩こりの原因となります。

ストレス溜める

人間は常に二つのストレスと戦っています。

肉体的・精神的ストレスを受け続けると、筋肉を緊張させる自律神経(交感神経)の働きが活発になります。

そのため、肩周辺の筋肉が緊張し、肩こりが起こります。

一時的なものであれば問題ありませんが、連日ストレスにさらされ筋肉に過剰な緊張状態が続くと、肩こりが慢性化することがあるので注意が必要です。

肩こりを軽減させる日常生活のコツ

ここでは、今からでも始められる日常生活の過ごし方をお伝えいたします。

体を動かして血行を良くする

体に負担が少なく、全身の筋肉をバランス良く使う運動を、少しずつでも行うようにしましょう。

特にウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。

肩周りを温める

特に今からの時期は会社でエアコンによる冷やしすぎなどで血行が悪くなり肩こりになります。

できるだけ、冷気を避けて、蒸しタオルやカイロなどを使って、肩と首を温めましょう。

姿勢を見直す

例えば自宅や会社でパソコンなどの下を向く作業が多い方は、できるだけ画面との距離を40cm以上離し、目線が下になるように位置を調節しましょう。

そして、一時間に一回くらいは背筋を伸ばして椅子に深く腰掛けるようにしましょう。

入浴で血行を良くする

38~40くらいのぬるま湯にゆっくり浸かりましょう!

もし、入浴する時間がない方は肩の凝っている部分に、42のシャワーを5分くらいかけ続けてください。

そうすることで血流が良くなります。

首の○○を揉むと肩こりが3倍ラクになる

上記の写真右①のポイントをご覧下さい。

このポイントは頸椎の一番と二番の部分になります。

肩こりが酷い方はこの部分を軽い圧で15秒ほど押してみてください。

ここを刺激することで肩の筋肉が緩み、自律神経の乱れも整えることができます。
*押しすぎに注意されてください。

このポイントは肩こりだけではなく自律神経の乱れにも繋がっています。ですから、体の不調も良くする万能なポイントとも言えるのです。

肩こりのまとめ

今回は、肩こりを軽減させるポイントをご紹介しましたが、肩こりなどの症状は意外にも気になっている部分じゃないところに原因があります。

肩こりを治すために肩を揉んでみたけど症状が良くならない・・・

もっと強く押してみよう!すると肩を強く押し続けた結果、逆に肩周りの筋繊維を傷つけてしまい悪化することもあるのです。

今回ご紹介した首の①番の場所もそうですが、関連している(根本的な原因)部分を把握する事で自宅でも対処することができます。

しかし、このポイントを自己流で押したところで、肩こりが解消されることはありません。

例えば高級料理店に行って、この料理のレシピを教えてください!といって自宅で同じ味が出せないのと一緒です 😥

知識はいくらでもつけることができますが、技術は長い年月をかけて実践しなければ所得することはありません。

もし仮に、あなたが本気で症状を取りたいのであれば一度、当店までお問い合わせください。もしかしたら、当店があなたにとって最後の整体院になるかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございます。

まんかい整体院大分の投稿でした。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

メール予約

LINE@