Tap to close
   

病院に行かずに自律神経の乱れを整える方法

病院に行かずに自律神経の乱れを整える方法

tel:097-576-9114道案内

病院に行かずに自律神経の乱れを整える方法

自律神経失調症で整体院やカイロプラクティックに来店する方も多いのではないでしょうか?なぜ?多いのかというと、病院では『薬で様子を見ましょう』と言われることが多いからです。

確かに薬は、一時的には効くとは思いますが、根本的に治せているかというとそんなことはないです。

今日は、自律神経の乱れを解消する方法をご紹介いたします。

自律神経が乱れる原因

結論からお話しすると自律神経の乱れ(失調症)の根本原因は身体にあります。

自律神経には、交換神経と副交感神経の2つがあります。

交換神経はこんな時に働く神経

興奮状態

緊張している

危険を感じた

効果は『胃腸の働きを抑制・心拍数や血圧を上げる・血管を収縮し動向を開く

 

副交感神経はこんな時に働く神経

寝ている

リラックスしている

効果は『心拍数や血圧を下げる・血管を拡張・胃腸の働きは活発にする

あなたが健康維持を保つのも、この『交換神経と副交感神経』のバランスがよく働いているからです。

特に首の筋肉が緊張すると、交感神経が刺激されて副交感神経の働きが低下し、自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

 

そして、自立神経の乱れは脳への血流も悪くなるため、脳内神経伝達が著しく低下してうつ病になる人が多いです。

また、首の筋肉が緊張することにより交感神経が過剰に興奮して、自律神経失調症などの病気になると医学的にも実証されています。

ですから、首だけの施術だけではなく首の周りの筋肉をほぐして血流を良くすることが重要となります。

自宅でできる自律神経を整える方法

下記の項目が5つ以上当てはまれば、自律神経が乱れている可能性が高いです。

あなたは、何個当てはまりますか?

やる気が出ない

異常に汗をかく

常にイライラする

全身に倦怠感がある

常に頭が痛い、頭が重い

まぶしい、目の奥が痛い

寝つきが悪く途中で目覚める

目が乾燥する、涙が出やすい

胃腸の調子が悪い疲れやすい

のぼせ、手足の冷え、しびれ

目が疲れる、目を開けていられない

自律神経の乱れを整える方法

ここから先は自律神経の乱れを整える方法をご紹介いたします。

ホルモン分泌の正常化

自律神経はホルモンの働きを左右します。

つまり、ホルモンの分泌状況が正常でないということは『交感神経と副交感神経』の切り替えがしっかりと行われていないということになります。

自律神経のバランスをとるために必要な事はホルモンを放出する臓器や脳に対して十分に血液を送る必要があります。

そのためには、背骨・骨盤のゆがみを整えて血液やリンパの流れを改善させてあげることが重要です。

下垂体、松果体の機能を高める

頭蓋骨内部にある『下垂体と松果体』の二つの器官は他のホルモン分泌器官に比べてその過不足によって自律神経の乱れる原因となります

下垂体や松果体は頭蓋の歪みによって、その働きが妨げられてしまいます。その為には頭蓋骨が柔軟性を保つように調整していくことが必要です。

柔軟性を付ける為には頭蓋骨だけではなく肩と首の筋肉を緩めることが重要です。

副腎の働きを高める

副腎は一般によく知られている『アドレナリン・ノルアドレナリン』を分泌する器官です。

このホルモンの分泌が正常にできないと、『気管支の拡張・心拍数の増加・血糖上昇』等に影響がでてきます。

これをイメージで言うと、寝ていても体の疲れがとれないような状況です。

副腎の機能回復が自律神経の乱れを改善する上で重要なポイントです。

猫背を整える

ホルモンの過剰分泌や分泌不足は、体のゆがみを司る器官の働きを低下させてしまった結果によって起こります。

猫背が整うことで、自律神経の乱れ(失調症)が解消されていきます。

自律神経のまとめ

自律神経が乱れる原因をご紹介しましたが、自律神経と聞いて気を悪くしなくても大丈夫です。

人間誰でも神経が乱れる日だってあるのです。

交感神経と副交感神経のバランスに異常が起きることで、肩こり、腰痛、頭痛等の症状も悪化していきます。

まずは、生活習慣の見直しから変えてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございます 。

まんかい整体院大分の投稿でした。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

メール予約

LINE@