Tap to close
   

大分市下徳丸の在住、慢性腰痛のお客様

大分市下徳丸の在住、慢性腰痛のお客様

tel:097-576-9114道案内

大分市下徳丸の在住、慢性腰痛のお客様

慢性腰痛の原因は腰以外にある

昨日、来店された40代男性の症例です。

10年以上前から腰痛があり、大好きな『ゴルフ』ができなくなったそうです。

病院でMRI、レントゲンを撮ってもお医者さんから『骨には異常なし、原因がわからない・・・』と言われたそうです。

そこで、病院では手の施しようがないとわかり他の整体等に行かれたそうですが、その場しのぎの結果しかでなかったそうです。

このようなお客様は意外と多いです。

腰痛は病院の検査だけでは特定できない

病院で異常がないと言われてもご本人は日常生活に支障がでている・・・

整体の先生から継続して施術をすれば良くなりますと言われて通院した結果・・・

そこで、私は以前通院していた整体の施術内容・指導内容等をもう一度詳しくお聞きして当店独自の検査法で体の隅々まで調べました。

検査をする際に痛かった動作は仰向け、腰を後ろに反る、寝返りでした。

この痛みの原因を詳しく診ていくと腰だけではなく『背骨のゆがみ・足首のゆがみ』が原因でした。

背骨がゆがむことで、腰椎に関連する筋肉に負担がかかり慢性腰痛になっていました。

そして、腰の痛みをかばって歩行していたため足首の関節がゆがみ、重心をうまく保てなくなっていました。

腰痛施術後、動きがスムーズになる

腰痛は腰の周りの筋肉をほぐすだけではなく、お尻や足の筋肉にも負担がかかっています。

ですから、お尻や足の筋肉をほぐした後に背骨と骨盤のゆがみを整えて正しい状態を体に覚えさせる必要があります。

そして、最後に足首の矯正をして施術が終了します。

施術後、腰痛のお客様の状態を検査すると、仰向け、腰を後ろに反る、寝返りできるようになりました。

しかし、長年抱えていた症状なので繰り返し施術を継続しないといけない理由もお伝えしました。

今後もこのような『病院にも見放された』お客様の症状が改善へと向かうように日々努力いたします。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

メール予約

LINE@